プロテインを飲むと何故筋肉がつくの?その仕組みとは?

プロテインで筋肉がつくメカニズム

プロテインを飲むと筋肉になる理由は単純に筋肉がつく為に必要な成分が
たっぷり含まれ、それを効率よく素早く体に吸収してくれるから筋肉がつきやすいのです。

しかし、ただ飲んでいるだけでは筋肉には変わりません。

しっかり筋肉にするように運動が大事になってきて
プロテインはその運動の手助けをしてくれているのです。

そこを勘違いして飲んでも効果は全くなかったと言う人がいますが
多少の知識があれば、誰にでもプロテインを飲んで筋肉をつけることは可能なのです。

 

プロテインが筋肉になる仕組みとは?

まず、プロテインは飲んだからといってすぐに筋肉に変わる訳ではなく
生き物の種類によってたんぱく質の形が違い、
体に入った他の動物のたんぱく質は体の中で分解されます。

分解されてから自分の形に合うように組み立て治され
体に吸収していくという仕組みになります。

 

バラバラになった、たんぱく質がアミノ酸に変わって体に吸収されるという仕組みです。

体に入ってから筋肉になるまでの順序は
飲んで胃で消化され分解されてから血液の中に入っていきます。

そしてその血液が筋肉に渡って合成されるという仕組みになっています。

 

ですから、筋肉になるまでには多少の時間がかかってしまうということです。

飲んですぐに効果を期待してしまってはダメなので、
継続的に飲み続けるようにして下さいね。

 

より効率的に体に吸収させる為に飲む時間帯をしっかり計算すると、
より早く筋肉まで栄養を行き渡らせることが可能です。

最も大事な時間は運動直後30分以内でその理由は
運動直後は筋肉の疲労や水分を補給したがっていて
それを早く回復しようとするのでいっぱい吸収するのです。

 

だからと言ってプロテインを沢山飲んだからと言って効果が倍になる訳ではありません。

体は一度にたんぱく質を吸収する量に限界があり、
その量を超えても吸収せず
意味のない栄養になってしまいます。

そうならないようにプロテインメーカーは一杯分のたんぱく質量を計算して作っているので
一度に一杯以上飲まないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ